今すぐ借りれるカードローン【スマホで簡単!即日融資】

今すぐ借りれるカードローン【スマホで簡単!即日融資】

今すぐお金を借りれるカードローンはこちら!スマホから簡単申込みで来店不要・即日審査・即日融資。どうしても今すぐお金を借りたい時、安心して借りれるおすすめカードローンはコレです!

銀行カードローンのメリットとデメリット

#

低金利で限度額も大きく借りやすい銀行カードローン

銀行のカードローンのメリットとして挙げられるもののうち代表的なのは、消費者金融や信販系のキャッシングと比較して低金利であること、そして限度額が大きいということです。

低金利であればあるほど、それだけ支払う利息の額は小さくなるため、同じ額を消費者金融や信販系のキャッシング利用した場合と比較して、全体の返済額が少なくてすみますし、また、限度額が大きければそれだけ借入必要額を満たせるということになります。

限度額の都合で複数の金融機関から借入をする必要がなくて済むということは、返済時のわずらわしさから解放されるということになります。

また、実際にカードローンを利用するうえで、銀行からのキャッシングということであれば、消費者金融や信販系からのキャッシングと比較しても心理的な面で安心感もあります。

万が一、自宅に銀行からカードローンにかかわる通知が来たといった場合でも、消費者金融からの通知と比較して、キャッシングを利用したことが家族に知られる可能性は低くなり、家族に余計な心配をさせなくて済むという利点もあります。

銀行カードローンの意外なデメリット

消費者金融と比べれば低金利で限度額の多いという利用者に有利な銀行カードローンですが、いくつかデメリットもありますので、利用する際には注意が必要です。

まず、銀行によっては即日融資が難しいという点が挙げられます。これは低金利での運用を維持するために、審査が他の金融会社と比較して厳しく、時間を要することがあるためです。また、利用にはその銀行に預金口座を開設することが条件になる場合もあります。

そのため、急にまとまったお金が必要になった場合に利用できないという場合もありますので注意が必要です。

また、限度額が大きいということも、利用者にとって有利であるとばかりはいえません。なぜなら、限度額が大きければ大きいほど、必要以上のお金を簡単に借りてしまい、浪費に繋がりやすいからです。必要以上のお金を借りてしまうと、その返済には必要なだけのお金を借りた場合と比較して、長い期間が必要となってしまいます。

また、結果として、低金利であっても借入額と返済期間が他の金融会社からのキャッシングよりも増えてしまい、家計を助けるはずのキャッシングにより逆に家計を圧迫してしまうことにもつながりますので、銀行カードローンの利用には注意が必要です。


銀行カードローンは便利で使いやすいからこそ利用は計画的に


これまで見てきたように、銀行カードローンの利用にはメリットもデメリットもあります。

他の金融からのキャッシングと比較して、銀行カードローンは低金利かつ限度額が大きいことに加えて、心理的なハードルが低くお金が借りられるからこそ、計画的に銀行カードローンを利用する必要があります。

メリットだけにとらわれずに、デメリットをしっかりと認識し、実現可能な返済計画を立てたうえで必要額を借り入れることが、銀行カードローンを最も賢く利用するのに必要なことなのです。


【体験談】毎月の最低返済額をきちんと返していれば楽に終わると思っていた

キャッシング体験者データ
カオリンさん

カオリンさん(20代・女性)
利用した年:2010年
利用業者:三井住友銀行カードローン(無人契約機から)
職業:会社員 年収450万円
初回借入:3万円 最大借入:100万円
他社借入なし 平日申込 翌日審査通過

海外旅行と高級グルメ。見栄のためにお金を借りた

当時、海外旅行と高級グルメにはまっていたので、毎月のお給料だけでは足りずほんの少しでも借りられたらいいなと軽い気持ちでカードローンに申し込んだのがキッカケです。

生活には困っていなかったので、はっきり言って見栄だけでしたね。海外旅行先での食事や宿泊先でのホテルの様子、毎日どんなお店に行って何を食べたのかブログに画像つきでアップしていましたが、アクセスが増えていくにつれ、やめられなくなりました。その結果お金がみるみるうちになくなっていったのです。

カードローンを申し込んだ時、金融業者からの在籍確認電話を上司や先輩に聞かれるのはどうしても避けたかったので、カードローン会社の人に相談しました。

いくら個人名でかけるから大丈夫と言われても、私が所属していた会社の取引先は法人が100%だったので、個人名で電話がかかって来るのは不自然だったからです。早朝のまだ誰も出社していない時間帯を指定してその時間に電話をかけてもらったので、私本人が電話に出て対応することができました。

最低返済額を毎月払っていれば楽に返済が終わると思っていた

お金を借りても結局は収入が増えたわけではなく、負債を背負うことになるわけで、そこに早く気づけなかったのが痛かったです。

ATMからお金を引き出せば確かに手元にはお金が増えたように見えるけれど、実際には収入が増えたわけでも自由に使えるお金が増えたわけでもなく、返済という重い責任が増えていくだけでした。

朝食・昼食を抜いて、洋服はリサイクルショップでのみ買うようにして、何とか返済に充てるお金を捻出していましたが、なんだかみじめでしたね。

金利の計算方法がよくわからず、返済金の充当順位についても全く無知のまま金融業者を利用したことは失敗だったと思います。事前にインターネットで返済のシミュレーションをしておくべきでした。

毎月真面目に最低返済額を払っていれば楽に返済が終わると思っていました。実際には、最低返済額の2〜3倍を支払っておかないといつまでたっても返済が終わらないと後から気づいて失敗でした。

借金でタイミングを買うのはOK。でも限度額が大きくても借りすぎないこと。

自分の給料で貯金してためたお金だけではすぐに買えないようなものも、一括現金で支払えるのは気持ちよかったですね。

例えば、地道に貯金してから海外旅行に行こうとすると、行き先や滞在期間にもよりますが、1年くらいはかかるでしょう。でも金融業者を利用してお金を借りれば、行きたい時にすぐ行けます。

海外旅行は行けるタイミングが限られていますから、自分の行けるタイミングまたはツアー料金支払い期日のタイミングにお金がないと意味がありません。金利を払って時間を買うという見方をすれば、金融業者を利用するメリットは大いにあります。

1回あたりの借入額は、毎月の給与の手取り額の10%以内に抑えるべきだと思います。借入総額は毎月の手取り額の30%以下にしておくべきでしょう。審査の結果、こんなに貸してくれるの?と思ってしまうほどの高い借入限度額を提示してくれる場合もあるかもしれませんが、実際には限度額ギリギリまで借りてしまうとかなり返済がキツくなるのでやめておきましょう。

 


関連記事

今月お金がない!カードローンの返済が厳しい・遅れそうなときはどうすればいい?
ピンチ!返済のためのお金がない!?返済期日に間に合わない時 借金をしていて、明日...
クレジットカード使いすぎた!残高不足で延滞する前にできること
クレジットカードを使いすぎて銀行残高不足で支払いができないときはどうすればよいのか。
クレジットカードのキャッシングのメリット・デメリット
クレジットカードのキャッシングは利息の面では消費者金融のキャッシングとほとんと同じです。クレカにキャッシング枠を付与していれば、新たに審査を受けたりせずお金を借りられるのがメリットです。
在籍確認が書類でOK、電話連絡なしで借りれるキャッシングはないの?
在籍確認で金融会社からあなたの職場に電話が入る! 初めてキャッシングを利用する際...
まとまったお金が必要ならどこで借りるのがいい?
急にまとまったお金がいるのに貯金がない。まとまったお金が必要ならどこで借りるのがいいのか。借りるなら銀行のカードローンがおすすめです。